恥ずかしくなかったVIO脱毛

最初はVIO脱毛と聞いてピンとこなかったのですが、Vラインと女性器やおしりの穴の脱毛だと知って、恥ずかしい気がしました。想像しただけで恥ずかしく感じたので、実際に脱毛施術を受けるのはかなりハードルが高い気がしました。
でも実際にVIO脱毛を受けてみると、スタッフの方は淡々と施術を進めてくれましたし、タオルで覆ってくれたり目隠ししてくれたりと配慮がいきわたっており、全く恥ずかしさを感じませんでした。また両脚を同時に開くのではなく、片足ずつ開いて脱毛施術をしてくれました。
VIO脱毛を受けた時に分からなかったのは、Vラインの残す毛のデザインと、IラインとOラインはどの程度脱毛すればいいかという点でした。大胆な水着や下着が試せるI型や、全く毛を残さないツルツルなどを選ぶ人もいるようですが、私はビキニラインに合わせて多少の丸みを帯びた形を選びました。
ネットで調べてみると、男性はあまりに毛が濃いモジャモジャや、全く毛がないツルツルなどはあまり好みではなく、Vラインに自然に毛が生えているのがいいとのことでした。でも女性器やおしりの穴の周りにムダ毛があるといやだと言う意見が多く、IラインとOラインはきれいにツルツルにしました。
Vラインの脱毛で気になったのは黒ずみをどうやって消すかという点でした。今では専用の美容ジェルを定期的に塗布して、乾燥を抑えることで黒ずみ対策をしています。VIO脱毛を受けたおかげで、水着や下着を着てもムダ毛を心配する必要がなくなりましたし、彼氏とのデートも思いっきり楽しめています。